理学療法士の職場

理学療法士が活躍できる職場として、メジャーなところとなるのが病院(総合病院・一般病院・診療所)です。主に総合病院や一般病院、診療所などで働くチャンスがあります。もともと理学療法士の場合は、患者の方の生活をサポートするため、さまざまな点から社会復帰の訓練や指導などをおこなっていきます。
その訓練や指導を参考に、患者の方がスムーズに社会復帰できるようにしていくことが重要です。そのためには、やはり病院で働くのが良いと言えます。また、他にも理学療法士が活躍できる職場は多く、多くの方がイメージする介護保健関連施設(老人保健施設・通所または在宅リハビリテーション施設)での仕事も豊富です。

老人保健施設などで求められる理学療法士も多く、他にも通所または在宅リハビリテーション施設で働くという方もいます。その他だと、理学療法士は福祉施設(肢体不自由児施設・身体障害者福祉センター)で働いたり、教育・研究機関(大学院・養護学校・理学療法士養成校)で力を発揮したり、スポーツ・フィットネス関連施設(プロスポーツのチーム・実業団・スポーツ関連企業)で活躍したりします。

内容はそれぞれ違ってくるので、自分がどのような職場で働きたいのかを一度考えてみると良いかもしれません。自分が働く職場によって求められることも変わってくるので、それに合わせて適応していくことも必要となります。